ステップ27「中学受験の進学塾選び 偏差値と難易度」

2010年01月13日

中学受験の時に、志望校の偏差値がどのくらいかというのは気になりますね。
大手の進学塾では入試についての最新情報を収集して、さまざまな分析を行っています。
偏差値ランキングの一覧も発表されますので、一度見ておくとよいかもしれません。

私立中学の偏差値や難易度の高い名門中学は、御三家と呼ばれています。
男子御三家は「麻布」「開成」「武蔵」、女子御三家は「桜蔭」「女子学院」「雙葉」となっています。
ほかには、栄光学園、慶應、駒場東邦、渋谷教育幕張、白百合、聖光学院、東大寺学園、灘、フェリス、早稲田実業、などがあります。
いずれも、進学実績や入学試験の難易度がトップクラスの学校です。

中学受験の難易度は、少子化と不況のために中学受験全部では、競争率の低下が見られます。
ただし、受験率は上がってきていて、一部の名門大学付属や大学合格実績が高い学校の難易度は高止まりの傾向です。
しかし、それに続くグループの学校で難易度上昇の傾向があります。
また、最近では、医・薬学系、理系大学志望の比率が高まり、女子大が不人気という傾向が見られます。
そのために、国立大や名門大理系の進学に力を入れている学校が人気を集めています。

中学受験の場合、子供の学習環境よりも、中学の偏差値が低くても合格実績が高い学校が、特に人気があるようです。
ですから、偏差値が低いので、難易度が低く合格しやすいというわけではないので、偏差値は参考に留めるほうがよさそうです。
将来の進路や校風、教育環境なども考慮して、お子さんに合った学校を選びたいものですね。



Posted たっぴー at 2010年01月13日 06:23 │偏差値と難易度